トップページ  シナリオ講座とは   アクセス  よくあるご質問  お問い合わせ
             
クラス紹介 創作論講義 講師紹介 修了生の活躍 資料請求


 

   シナリオ講座とは


シナリオ作家協会は、昭和32年に「シナリオ講座」の母体となる「シナリオ研究所」を開設し、池端俊策、猪又憲吾、桂千穂、鎌田敏夫、ジェームス三木、中島丈博などの数々の優れた人材を輩出しました。その習得方法を受け継ぎ、広く参加者を募ったものが現在のシナリオ講座です。
シナリオ講座開講後も、田渕久美子氏、井上由美子氏、野島伸司氏、武藤将吾氏を筆頭に、次世代を担う人材を輩出し続けております。
主な修了生はこちら

学校を卒業してもプロの脚本家になれるのはほんの一握りです。また、学校に通わなくても、資質なり才能があれば独学でも脚本家になれる人はいます。しかしこういった学校に通うことのメリットは、自分が書いた作品、あるいは自分自身について批評・批判を言ってくれる「他者」がいることにつきます。
この学校では自分が書いた作品を、講師だけではなく、クラスメートにも配付し、全員で合評します。当然のことながら、厳しい意見や否定的な意見も飛び交いますし、価値観の食い違いでぶつかり合う時もあります。
次代の映像文化の担い手を育てることを目的としておりますので、ただ仲間内で楽しんだり、書き上げた作品を褒めあうだけの空虚な場ではなく、互いに刺激し合い、成長できるような場を提供しております。

いかなる仕事でも、プロへの道は厳しく、「教えてもらう」という意識ではプロにはなれません。
講座に通う時間やシナリオを書く時間は自分自身で捻出していただき、
たとえ通える日数が少なくても、使える時間で出来る限りのことを自発的に吸収して下さい。
基礎科は16歳以上の方でしたら、学歴・経歴問わずどなたでも受講できます。
「シナリオを全く書いたことがありませんが授業についていけますか」というご質問をよくいただきますが
ほとんどの方が未経験者ですので、安心してシナリオ講座の門戸をたたいてください。

協同組合日本シナリオ作家協会ホームページ (脚本家の著作権管理、福利厚生、情報提供など)
一般社団法人シナリオ作家協会ホームページ (教育・出版・コンクール等の文化事業)



   年 表 (シナリオ研究所〜シナリオ講座)


1936年(昭和11年)
シナリオ作家協会の前身「シャッポーの会」誕生。
「シャッポーの会」とは昭和11年日本で初めて脚本家の横のつながりを持ったグループである。

1947年(昭和22年)
シナリオ作家協会設立。

1956年(昭和31年)
シナリオ会館が東京都港区麻布霞町十一番地に落成。

1957年(昭和32年)
シナリオ研究所開講。
月刊シナリオ1957年2月号に以下の広告が登場する。

シナリオ研究所広告 
シナリオ研究所の広告(月刊シナリオ1957年2月号)
-----------------------------------------------------------------
シナリオ研究所新開設  研究生募集!!
四月中旬開設(四月開講、十月終了)

理論と実際による映画界最初のシナリオ・アカデミー、
優秀修了者は映画会社に推薦
(規約送付、二十円同封申込まれたし!)

社団法人シナリオ作家協会
株式会社シナリオ倶楽部

「新人登場せよ」
宿願の夢は実現した。シナリオ研究所の開設である。
芸術は常に新人の登場によって前進する。近代芸術である映画は絶えず新人の情熱によって太り脱皮してきた。将来もまたそうである。シナリオ・ライターを志す者は勿論、プロデューサーたらんとするにも、デレクターたらんとするにも、まずシナリオを究明せねばならぬ。映画の門はまずシナリオを叩かねばならないのだ。要望に応えて開くシナリオ研究所の責任は大きい。
シナリオ会館の講堂に設備された最新型の映写装置は、ここで映写される教材フィルムより、理論と実際の具体的なかけ橋となろう。
全国の映画青年よ、映画に志さんとするものはまずこの門を叩け。
-----------------------------------------------------------------

1964年(昭和39年)
新「シナリオ会館」東京都港区赤坂に落成。

1971年(昭和46年)
シナリオ研究所紛争起こる。(学生運動)

1972年(昭和47年)
シナリオ研究所閉鎖。

1983年(昭和58年)
東京都新宿区高田馬場に、東京YMCAと共催で「シナリオ講座」を開講。

シナリオ講座広告 
シナリオ講座広告(月刊シナリオ誌1983年2月号)


2002年(平成14年)
シナリオ講座、赤坂シナリオ会館に移転。
シナリオ作家協会の単独運営になる。

シナリオ会館落成 シ月刊シナリオ誌1957年(昭和32年)1月号掲載

笠原良三氏
シナリオ研究所で講義中の笠原良三氏

シナリオ研究所入所試験風景 
シナリオ研究所入所 筆記試験風景

シナリオ研究所入所試験風景 
シナリオ研究所入所 面接試験風景
試験官:野田高梧、八住利雄、柳井隆雄、八木保太郎、若尾徳平、新藤兼人、館岡謙之助、長瀬喜伴、猪俣勝人、中山隆三

講義風景 
シナリオ講座第一期生(新宿区高田馬場・1983年)

講義風景 
シナリオ講座講義風景@(新宿区高田馬場・1983年)

講義風景 
シナリオ講座講義風景A(新宿区高田馬場・1983年)

講義風景 
撮影所見学(1983年)

赤坂シナリオ会館教室 
シナリオ講座教室(港区赤坂・現在)


   学長・名誉学長メッセージ





学長 桂 千穂 (脚本家)

白坂依志夫・寺山修司氏に師事。1972年「白鳥の歌なんか聞こえない」でデビュー。第1回早川書房SFコンテスト奨励賞、大阪・くまもと映画祭脚本賞、第4回文化庁映画功労賞を受賞。

1991 映画「ふたり」
1985 映画「廃市」
1984 映画「幻魔大戦」
1983 映画「アイコ十六歳」
1977 映画「HOUSE・ハウス」
1976 映画「暴行切り裂きジャック」他



学生時代、結核を二回、肋膜炎も一度患らった。50年前だ。当時は、もと結核患者など雇ってくれる奇特な会社はなかった。
世間から不必要なニートと看做されたが、私には窮境脱出の意思も覚悟もなかった。
そんなある日、作協が運営する「シナリオ研究所」(現在の「講座」の前身)の広告を目にした。わずかな金がたまたま手元にあった。プロの脚本家を目指したわけでもなく、なれる自信などある筈もなかった。
ただ、映画と、本を読むのは好きだった。それだけの動機で入所を申し込んだ。今にして思うと、この決断が私にとって起死回生のヒットとなった。
研究所で日本映画を背負って立つ脚本家陣の講義が聴け、他では読めないシナリオが読め、後に助けられた友人も出来のだ。すべてが役にたった。いま、世間は私を脚本家と認めてくれているようだ。
そんな体験を若い諸君に伝えるのが、私の役目だと思っている。



名誉学長 新藤兼人(故人)
(脚本家・映画監督)

1912年生まれ。新興キネマ、興亜映画、松竹大船を経て、独立プロ「近代映画協会」を設立。脚本を執筆した作品は230本を超える。名実ともに日本映画界を代表する、最高齢の映画監督である。
(2012年5月29日逝去されました)

2011 映画「一枚のハガキ」
1995 映画「午後の遺言状」
1960 映画「裸の島」
1959 映画「第五福竜丸」
1951 映画「愛妻物語」
1947 映画「安城家の舞踏会」他



映像に関わりたいと思うものは、まずシナリオからはいるべきである。あらゆる映像はシナリオのイメージから生まれている。サイレント時代からトーキー時代、そして現在にかけて、ぼう大なシナリオが残っているが、その一つ一つがいまなお宝石のように光りを放っている。
フィルムは磨滅することはあっても、シナリオは消えないで日本映画の証言者となってきた。
いまや映画とテレビは共存して、映像時代を築きつつある。新人よ、力をたくわえて、新しい時代のシナリオを書こう。
シナリオ講座では、徹底的に、シナリオの基礎技術を追求していく。基礎技術をしっかり身につけないと、いいシナリオは書けない。