トップページ  シナリオ講座とは   アクセス  よくあるご質問  お問い合わせ
             
クラス紹介 創作論講義 講師紹介 修了生の活躍 資料請求



         




【注意】
修了生・通信講座生による単発での聴講制度は終了いたしました。
あらかじめ、創作論講義(6カ月間・全20回)の受講にお申込いただいた方のみご出席いただけます。


特 色

多彩な映像作家を招き、講義だけでなく、名作映画の分析や対談、ワークショップなど様々なスタイルで授業を行います。脚本家からは創作のコツや表現方法を、映画監督やプロデューサーからは話題作の制作秘話やショービジネスの現状を学べます。
毎回、単発の授業となります。

日 程

2018年4月〜2018年9月  120分×20回
全体のスケジュール(PDF)はこちら

講義時間

火曜日18:50〜20:50
※18年3月までは金曜18:50〜20:50

講 師

講師および講義内容は本ページ下段にて発表します。

受講料

受講料は、受講プランによって異なります。
受講プランと受講料はこちら

資格/定員

16歳以上の男女 (学歴・経験は問いません)/45名

申込締切

定員に達していないため、4月末までお申込を承ります。
                                              

≫過去の講義を試聴する  

            2018年6月スケジュール  


6月5日(火) 18:50〜20:50

堤 幸彦 (演出家・映画監督)

タイトル未定

【略歴】1955年生まれ。愛知県出身。東放学園専門学校卒業後、映像制作会社でTV番組のディレクターを経て、88年、映画「バカヤロー!私、怒ってます」で映画監督デビュー。以降、「ケイゾク」「池袋ウエストゲートパーク」「トリック」などのドラマを手掛け、独特の演出センスと技術で熱狂的ファンを獲得。TV、映画、舞台、MV等多岐の分野で活躍を続ける。

●TV
「視覚探偵 日暮旅人」「神の舌を持つ男」「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」「スターマン・この星の恋」「永沢君」「SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜シリーズ」「スシ王子!」「下北サンデーズ」「世界の中心で、愛をさけぶ」「Stand Up!!」「愛なんていらねえよ、夏」「ハンドク!!!」「TRICKシリーズ」「池袋ウエストゲートパーク」「ケイゾク」「ハルモニア この愛の涯て」「ぼくらの勇気 未満都市」「サイコメトラーEIJI」「金田一少年の事件簿シリーズ」「そのうち結婚する君へ」「ポケベルが鳴らなくて」他多数
●映画
「真田十勇士」「天空の蜂」「イニシエーション・ラブ」「悼む人」「くちづけ」「エイトレンジャー」「劇場版SPECシリーズ」「はやぶさ」「BECK」「まぼろしの邪馬台国」「20世紀少年」「自虐の詩」「包帯クラブ」「明日の記憶」「サイレン」「トリック劇場版シリーズ」「溺れる魚」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」「HOMELESS」他多数

Web『SICK'S 恕乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜』(出演:木村文乃、松田翔太ほか)が毎日6時30分より配信中。
舞台『魔界転生』(脚本:マキノノゾミ、出演:上川隆也ほか)が10月より上演。
映画『人魚の眠る家』(原作:東野圭吾、出演:篠原涼子ほか)が11月公開予定。

6月12日(火) 18:50〜20:50

藤岡美暢 (シナリオ作家)

「シナリオと小説」 

【略歴】1962年生まれ。北海道出身。シナリオ講座第11期修了。 TV「魔法のプリンセス ミンキーモモ」で脚本家デビュー。ミステリーやサスペンスを多く手掛けるほか、コンクールにおいての実績も多数。「藤ダリオ」名義で小説家としても活躍中。

●映画
「貞子3D」「ボディ・ジャック」「大きな古時計」「富江 最終章 禁断の果実」「富江 re-birth」他
●TV
「毒<ポイズン>」「魍魎の匣」「黒塚−KUROZUKA−」「京極夏彦 巷説百物語」他
●小説
「絶体絶命ゲームシリーズ」「東京鬼娘-TOKYO DEVIL GIRLS-」「レディオ・コール」「演葬会」「放課後デッド×アライブ」「山手線デス・サーキット」「同葬会」「ミステリー・ドラマ」「あやかし探偵団1〜3」「出口なし」 他

TV『くノ一忍法帖 蛍火』(原作:山田風太郎、出演:ベッキーほか)第7話が7月放送。
シリーズ構成・脚本をつとめるTV『殺戮の天使』(原作:真田まこと)が7月放送開始。

6月19日(火) 18:50〜20:50

大九明子 (映画監督・シナリオ作家)

「わたしの映画づくり」 
※映画『勝手にふるえてろ』をDVD等で各自観ておいてください(6/6レンタル開始)。
渋谷アップリンク他にて5/11まで上映中。

【略歴】神奈川県出身。明治大学政治経済学部卒業後、芸人養成学校を経て、俳優・タレントとして活動。99年、映画美学校在学時に制作した「意外と死なない」が講師陣から高く評価され一般公開となる。07年「恋するマドリ」で長編映画デビューを果たし、以降、映画、ドラマ、CM、PV等幅広く活躍。映画「勝手にふるえてろ」が東京国際映画祭コンペティション部門観客賞・日本映画プロフェッショナル大賞ベストテン1位を受賞するなど注目を集める。

●映画
「勝手にふるえてろ」「渚の恋人たち」「でーれーガールズ」「放課後ロスト 『倍音』」「モンスター」「ただいま、ジャクリーン」「東京無印女子物語」「恋するマドリ」他
●TV
「想ひそめし」「ああ、ラブホテル」「怪談新耳袋 百物語」他

監督を務める映画『美人が婚活してみたら』(出演:黒川芽以、臼田あさ美ほか)が来年公開。


6月26日(火) 18:50〜20:50

ブラジリィー・アン・山田 (シナリオ作家・舞台演出家)

「直しの作法〜直し苦手な作家が教える直しの処世術〜」 

【略歴】東京都出身。劇団活動の傍ら、シナリオスクールで脚本の基礎を学ぶ。07年、TV「世にも奇妙な物語『未来同窓会』」でTV脚本デビュー。以降、サスペンスやヒューマンドラマなど幅広いジャンルでTV・映画脚本を手掛けるほか、舞台の作・演出も多数手掛ける。

●TV
「恋する肉食べ女子」「サヨナラ、えなりくん」「この世にたやすい仕事はない」「紙兎ロペ」「東京センチメンタル」「事故調」「ヤメ検の女シリーズ」「女子高警察」「世にも奇妙な物語シリーズ」「たぶらかし」「相棒」他
●映画
「こどもつかい」「トリハダ-劇場版-」「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」他
●舞台(脚本/演出)
「さよならまた逢う日まで」「怪物」「軋み」「酔いどれシューベルト」「素晴らしい1日」「SHOW芸」他多数

TV「世にも奇妙な物語 『不倫警察』」(出演:唐沢寿明、升毅ほか)が5月12日放送。



            
            2018年5月スケジュール
      ※5月1日は授業はありません。  


5月8日(火) 18:50〜20:50

池端俊策 (シナリオ作家)

「人物のつくりかた」


【略歴】1946年広島県出身。大学在学中からシナリオ研究所(シナリオ講座の前身)に通う。卒業後は会社員等を経て、今村昌平監督の脚本助手となり、映画「復讐するは我にあり」や「楢山節考」(※初稿・助監督)を手掛けた。70年代からの長きにわたり、テレビドラマを中心に数々の名作を世に送り出し続ける。84年に向田邦子賞、09年に紫綬褒章および芸術選奨文部科学大臣賞、17年に旭日小綬章および放送人グランプリなど、受賞歴多数。

●TV
「破獄」「夏目漱石の妻」「百合子さんの絵本〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜」「鴨川食堂」「経世済民の男」「足尾から来た女」「野良犬」「悪女について」「大仏開眼」「ぼくの妹」「帽子」「ぶるうかなりや」「大化改新」「海峡を渡るバイオリン」「天国への階段」「蜜蜂の休暇」「聖徳太子」「烏鯉」「翔ぶ男」「協奏曲」「僕が彼女に、借金をした理由。」「百年の男」「並木家の人々」「太平記」「危険な年ごろ」「私を深く埋めて」「羽田浦地図」「仮の宿なるを」「かげろうの死」他多数
●映画
「あつもの」(※監督兼脚本)「優駿 ORACION」「楢山節考」「復讐するは我にあり」

TV『麒麟がくる』(出演:長谷川博己ほか)が2020年1月放送開始。
TV『そろばん侍 風の市兵衛』(出演:向井理、原田泰造ほか)が5月19日放送開始。

5月15日(火) 18:50〜20:50

原一男 (映画監督)

「ドキュメンタリー」 

【略歴】1945年生まれ。72年「疾走プロダクション」を設立。87年、アナーキスト・奥崎謙三の姿を描いたドキュメンタリー「ゆきゆきて、神軍」で国内外の多くの賞を受賞。94年には作家・井上光晴を取材するうちに、井上の経歴詐称が判明していく怪作「全身小説家」を監督し、キネマ旬報ベストテン1位・日本映画監督賞ほか様々な賞を受賞。8年間にわたってアスベスト訴訟の行く末を記録した最新作「ニッポン国VS泉南石綿村」が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて市民賞、東京フィルメックスにて観客賞を受賞するなど注目を集める。

●映画(監督)
「またの日の知華」「全身小説家」「ゆきゆきて、神軍」「極私的エロス 恋歌1974」「さようならCP」 他
●TV(演出)
「映画監督・浦山桐郎の肖像」「イエローキャブ」「歴史はここに始まる、『女たちは今…』」他

映画『ニッポン国vs泉南石綿村』が渋谷ユーロスペース他にて全国順次公開中。

5月22日(火) 18:50〜20:50

佐々木史朗 (プロデューサー)

「プロデューサーは何を考えているか」 

【略歴】1939年大連市生まれ。早稲田大学在学中に端を発する演劇活動やテレビ制作のアルバイトを経て、70年に番組制作会社「東京ビデオセンター」を設立。自主映画を製作したことをきっかけに映画界に進出し、新進気鋭の作家や監督らの作品を次々とプロデュースし話題をさらう。93年には映画製作・配給会社「オフィス・シロウズ」を立ち上げ、李相日や沖田修一等の才能ある若い作り手を世に送り出し続ける。

●映画(企画・製作・プロデュース)
「モヒカン故郷に帰る」「岸辺の旅」「許されざる者」「夢売るふたり」「キツツキと雨」「真夏の夜の夢」「やじきた道中 てれすこ」「恋するマドリ」「ルート225」「闇打つ心臓」「スクラップ・ヘブン」「カナリア」「ごめん」「ナビィの恋」「空がこんなに青いわけがない」「ユー・ガッタ・チャンス」「さらば箱舟」「逆噴射家族」「蜜月」「人魚伝説」「廃市」「家族ゲーム」「TATOO<刺青>あり」「転校生」「風の歌を聴け」「遠雷」「近頃なぜかチャールストン」「ヒポクラテスたち」「ガキ帝国」「星空のマリオネット」他多数


5月29日(火) 18:50〜20:50

安井国穂 (シナリオ作家)

「ファーストシーンの工夫」 

【略歴】1961年東京都生まれ。松竹シナリオ研究所出身。下飯坂菊馬氏に師事し、TV「月曜女のサスペンス」でデビュー。サスペンスドラマを数多く手掛けるほか、映画・漫画原作など幅広く活躍中。TV「時効」が平成14年度民放連優秀ドラマ賞受賞。

●TV
「しんがん〜警視庁お宝捜査」「電卓刑事」「白い刑事」「西村京太郎トラベルミステリー」「警視庁機動捜査隊216シリーズ」「監察官・羽生宗一シリーズ」「警視庁特命刑事☆二人」「警視庁・捜査一課長」「ドクター彦次郎シリーズ」「刑事一徹」「タクシードライバーの推理日誌」「世田谷駐在刑事」「最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜」「刑事吉永誠一 涙の事件簿」「ハンチョウ シリーズ」「広域警察」「東京駅お忘れ物預り所」「ショカツの女」「刹那に似てせつなく」「雨に眠れ」「学校の怪談」他多数
●映画
「飛べ!ダコタ」「阿修羅の伝説 死闘篇」「もうDEBUなんて言わせない!」「女賭博師花吹雪お涼」「勝手にしやがれ!! 強奪計画」他

TV『警視庁・捜査一課長season3』(出演:内藤剛志、安達祐実ほか)が放送中。




            2018年4月スケジュール


4月17日(火) 18:50〜20:50

黒沢久子 (シナリオ作家)

「シナリオ講座の有効活用」


【略歴】福島県出身。大学卒業後、ローカル局でアナウンサーを経験。退職後、ワーキングホリデーでカナダに渡る。帰国後は脚本家の仕事に興味を持ちシナリオ講座を受講。講座修了後、荒井晴彦氏の助手として脚本家活動をスタート。近年は話題の映画を立て続けに執筆。

●映画
「お父さんと伊藤さん」「花芯」「海のふた」「四十九日のレシピ」「きいろいゾウ」「海燕ホテル・ブルー」「キャタピラー」「私は猫ストーカー」「誘拐ラプソディー」「素敵な夜、ボクにください」「ソースの小壜」「TOKYO NOIR トウキョーノワール」他
●TV
「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」「荒地の恋」「ウルトラマンシリーズ」「怪奇大作戦ミステリー・ファイル『闇に蠢く美少女』」「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ 『都民・鈴子-百万円と苦虫女 序章-』」他
●Web
「東京女子図鑑」「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」他

映画『私は絶対許さない』(出演:平塚千瑛、西川可奈子ほか)が4月7日より公開。



4月24日(火) 18:50〜20:50

森下佳子 (シナリオ作家)

「私のシナリオ創作法」 

【略歴】1971年大阪府出まれ。学生時代より演劇部や劇団等で演劇活動を経験。東京大学文学部卒業後は雑誌編集者として働く傍らシナリオを学び、プロットライターを経て、00年、TV「平成夫婦茶碗」で脚本家デビュー。以来「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN-仁」等のヒットドラマを多数執筆。TV「ごちそうさん」で向田邦子賞および橋田賞を受賞。

●TV
「おんな城主 直虎」「わたしを離さないで」「経世済民の男『小林一三〜夢とそろばん〜』」「天皇の料理番」「ごちそうさん」「とんび」「JIN-仁-」「MR.BRAIN」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「白夜行」「瑠璃の島」「世界の中心で、愛をさけぶ」「東京庭付き一戸建て」「続・平成夫婦茶碗」「お前の諭吉が泣いている」「平成夫婦茶碗」他
●映画
「花戦さ」「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE〜勝どき橋を封鎖せよ!〜」「包帯クラブ」「プラトニック・セックス」




       2018年3月スケジュール  


3月2日(金) 18:50〜20:50

井土紀州 (映画監督・シナリオ作家)

「シナリオの考え方」


【略歴】1968年三重県出身。法政大学在学中に製作した「第一アパート」が東京学生映画祭において崔洋一に絶賛され、特別賞を受賞。その後、映画製作集団スピリチュアル・ムービーズを結成し、自主制作映画を精力的に製作。8ミリ映画である「百年の絶唱」や07年公開の「ラザロ-LAZARUS-」は、伝説的傑作として、高い評価を得ている。

●映画(脚本)
「溺れるナイフ」「ワラライフ!」「不倫純愛」「ニセ札」「白日夢」「雷魚」「HYSTERIC」「MOON CHILD」「YUMENO ユメノ」「刺青」他
●映画(脚本・監督)
「漂着物」「彼女について知ることのすべて」「行旅死亡人」「ラザロ-LAZARUS-」他
●映画(監督)
「マリア狂騒曲」「ふたりのシーズン」「ピラニア」「泥の惑星」「犀の角」「土竜の祭」「人に歴史あり〜十八歳の暗黒」「第一アパート」「百年の絶唱」他



3月9日(金) 18:50〜20:50

高間賢治 (撮影監督)  竹内公一 (美術監督)  田中貴大 (シナリオ作家)

「映画のスタッフワーク 現場でスタッフは脚本をどう読むか」   

高間賢治
【略歴】1949年生まれ。東京都立大学経済学部在学中より若松プロダクションで撮影助手を始める。 81年に渡米し撮影技術を学ぶ。金子修介監督、三谷幸喜監督作品など撮影した映画は50本を超える。
●映画
「月山」「1999年の夏休み」「ラスト・キャバレー」「どっちにするの」「香港パラダイス」「就職戦線異常なし」「12人の優しい日本人」「薄れゆく記憶の中で」「エンジェル僕の歌は君の歌」「あひるのうたがきこえてくるよ。」「高校教師」「ラヂオの時間」「ナビィの恋」「クロスファイア」「ムルデカ」「みんなのいえ」「ホテルハイビスカス」「アイデン&ティティ」「照明熊谷学校」「神の左手悪魔の右手」「デスノート the Last Name」「春との旅」「死にゆく妻との旅路」「JAZZ爺MEN」「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」他多数
映画『私は絶対許さない』(脚本:黒沢久子、出演:平塚千瑛ほか)が4月7日公開。
☆映画『漫画誕生』(脚本:若木康輔・大木萠、出演:イッセー尾形ほか)が今夏公開予定。


竹内公一
【略歴】日本映画テレビ美術監督協会理事長。75年(株)東宝舞台退社後、映画界に。山本薩夫、黒木和雄、寺山修司、新藤兼人、市川崑、今村昌平、蔵原惟繕、篠田正浩、柳町光男、実相寺昭雄、原一男、熊井啓などの監督作品に参加する。85年「思い出を売る店」で美術監督に。映画「T.R.Y」でアジア太平洋映画祭最優秀美術賞受賞、映画「るにん」で映像技術賞奨励賞受賞。「0.5ミリ」で映像技術賞美術賞受賞。また大林宣彦監督作品には「三毛猫ホームズの推理」以来全ての映画作品に携わる。
●映画
「理由」「埋もれ木」「青燕」「ホールドアップダウン」「るにん」「長い散歩」「転校生」「LONG CARAVAN 」「銀色の雨」「ビート」「この空の花」「宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」「弥勒」「今日子と修一の場合」「0.5ミリ」「野のなななのか」「シェルコレクター」「風に濡れた女」「花筐/HANAGATAMI」他多数

田中貴大
【略歴】1972年生まれ。早稲田大学在学中に自主映画製作に参加。卒業後、劇団文芸部、舞台大道具を経て脚本家・石森史郎に師事。助監督、編集助手などをしながら脚本を学び、映画「1リットルの涙」で脚本家デビュー。
●映画
「1リットルの涙」「ゼロウーマンR警視庁0課の女」 「年々歳々」他
●TV
「魔法先生ネギま!」「ホントウノエガオ」他



3月16日(金) 18:50〜20:50

渡辺雄介 (シナリオ作家)

「セカンドライターの心得」 

【略歴】1979年生まれ。千葉県出身。01年早稲田大学第一文学部演劇映像専修在学中にTV「Shin-D『チェリー』」で脚本家デビュー。話題の映画・ドラマを多数執筆し注目を集める。

●TV
「探偵学園Q」「新幹線ガール」「警視庁捜査ファイル さくら署の女たち」「栞と紙魚子の怪奇事件簿」「ヤスコとケンジ」「BLOODY MONDAY」「東京大空襲」「神の雫」「警視庁失踪人捜査課」「逃亡弁護士」「霊能力者 小田霧響子の嘘」「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」「ティーンコート」「未来日記-ANOTHER:WORLD-」「ST 赤と白の捜査ファイル」「レンタル救世主」「石川五右衛門」他
●映画
「20世紀少年」「GANTZ」「ドラゴンボールZ 神と神」「ガッチャマン」「MONSTERZ」「映画ST 赤と白の捜査ファイル」「ジョーカー・ゲーム」「進撃の巨人」他




               2018年2月スケジュール  


2月2日(金) 18:50〜20:50

三原光尋 (映画監督・シナリオ作家)

「君は、“伝えたい物語”が、あるか?」


【略歴】1964年生まれ、京都府出身。大阪芸術大学芸術学部在学中から映像製作を始め、関西を舞台に数々の作品を制作。
05年、映画『村の写真集』が第8回上海国際映画祭で最優秀作品賞受賞。大阪芸術大学等にて後進の育成にも力を注ぐ。

●映画
「あしたになれば。」「メリーさんの電話」「ムラサキカガミ」「しあわせのかおり」「歌謡曲だよ、人生は『女のみち』」「スキトモ」「村の写真集」「ドッジGO!GO!」「あしたはきっと…」「絵里に首ったけ」「ヒロイン なにわボンバーズ」「ある日ちびがいたよ」「燃えよピンポン」「SLAP HAPPY」「真夏のビタミン」「風の王国」「栄養成分表示」他
●TV
「もひかん家の家族会ぎ」「恋とオシャレと男のコ」「女子大生会計士の事件簿」「愛の道 チャイナロード」「恋する日曜日シリーズ」「ケータイ刑事 銭形シリーズ」他



2月9日(金) 18:50〜20:50

一色伸幸 (シナリオ作家・小説家)

「自作を語る」
  
【略歴】1960年、東京都生まれ。青山学院大学中退後、22歳で脚本家デビュー。映画「私をスキーに連れてって」が大ヒットし、以降、映画・ドラマ・アニメ・舞台など数々の脚本、原作を手がける。映画「病院へ行こう」「僕らはみんな生きている」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。13年、ドラマ「ラジオ」が第50回ギャラクシー賞優秀賞、東京ドラマアウォード単発ドラマ部門優秀賞、第68回文化庁芸術祭大賞、第16回菊島隆三賞等数々の賞に輝く。

●映画
「TAKI183」「アマレット」「お受験」「ショムニ」「香港大夜総会 タッチ&マギー」「熱帯楽園倶楽部」「卒業旅行 ニホンから来ました」「僕らはみんな生きている」「七人のおたく」「波の数だけ抱きしめて」「病院へ行こう」「彼女が水着にきがえたら」「ほんの5g」「木村家の人びと」「山田村ワルツ」「私をスキーに連れてって」「恐怖のヤッちゃん」「BE FREE!」「主婦と性生活」 他
●TV
「世界はひばりを待っている」「私は父が嫌いです」「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと」「阿久悠を殺す」「配達されたい私たち」「ラジオ」「Beautiful Love〜君がいれば〜」「救命病棟24時」「歌で逢いましょう」「おとなの夏休み」「彼女が死んじゃった。」「ネットワークベイビー」「それでも僕は母になりたい」「恋をしましょう」「同級生は13歳」「姥ざかり」「このままじゃ、ボクの将来知れたもの」「宇宙船サジタリウス」 他

 



2月16日(金) 18:50〜20:50

吉田伊知郎 (映画評論家)

「実写からアニメへの脚色」

【略歴】1978年生まれ。兵庫県出身。大阪芸術大学映像学科卒業後、映像制作会社勤務を経て、07年より紙媒体で映画評論を発表。現在、「キネマ旬報」「映画秘宝」「映画芸術」等に執筆。月刊「シナリオ」で「シナリオ評」を連載中。シナリオ講座第47期研修科修了。

●書籍
「映画評論・入門!」「園子温映画全研究1985-2012」、共著「映画監督、北野武。」「『シン・ゴジラ』をどう観るか」他
●映画オフィシャルブック・劇場パンフレット
「映画『新宿スワン』 オフィシャルブック」「日本で一番悪い奴ら」「園子温という生きもの」「極道大戦争」「地獄でなぜ悪い」「映画 みんな!エスパーだよ!」他



2月23日(金) 18:50〜20:50

福田卓郎 (シナリオ作家・演出家)

「戯曲とミステリー」
 
【略歴】1961年生まれ。愛媛県出身。日本大学芸術学部在学中より映画制作・演劇活動を始め、卒業後、東宝に入社し「屋根の上のヴァイオリン弾き」等の作品に携わる。87年、劇団疾風DO党を結成し東宝を退社。91年、映画「就職戦線異状なし」で脚本家として本格的にデビュー。以降、映画・テレビ・ラジオ・舞台等を多数執筆し活躍を続ける。

●TV
「世にも奇妙な物語」「映画みたいな恋したい」「正義のサラリーマン」「愛犬ロシナンテの災難」「トリック」「こちら本池上署」「ヴァンパイアホスト」「京都南署鑑識ファイル」「ママはバレリーナ」「富豪刑事」「ウルトラマンシリーズ」「結婚詐欺師」「百鬼夜行抄」「四姉妹探偵団」「その男、副署長」「水戸黄門」「おしりかじり虫」「トクボウ 警察庁特殊防犯課」「仮面ライダーゴースト」「赤い霊柩車シリーズ」「警部補 矢部謙三シリーズ」他多数
●映画
「就職戦線異状なし」「トイレの花子さん」「機関車先生」「ベル・エポック」「僕らのワンダフルデイズ」「愛を積むひと」「Mr.マックスマン」「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」「Bros.マックスマン」他

映画「N.Y.マックスマン」(出演:稲葉友、山谷花純ほか)が2月17日劇場公開。




               2018年1月スケジュール 
        ※1/19の講師予定が変更になりました。


1月12日(金) 18:50〜20:50

榎 望 (プロデューサー・シナリオ作家) × 今井雅子 (シナリオ作家)

「オリジナルストーリーを一から作って百回直す『嘘八百』式脚本作法」
  
榎 望

【略歴】東京都出身、早稲田大学第一文学部卒業。シナリオ講座第12期研修科修了。相米慎二監督に師事し、脚本家になる。川口晴名義で脚本家として活動する一方、プロデューサーとして話題の映画を多数手掛ける。
●映画(プロデュース)「母と暮せば」「日本のいちばん長い日」「駆込み女と駆出し男」「天地明察」「カムイ外伝」「ゲゲゲの鬼太郎」「タイヨウのうた」「花よりもなほ」「クイール」 「天国の本屋〜恋火」「血と骨」「刑務所の中」「お受験OJUKEN」「あ、春」「ショムニ」「さすらいのトラブルバスター」「岸和田少年愚連隊」「マークスの山」「女ざかり」「僕らはみんな生きている」「豪姫」他多数
●映画(脚本)「犬と私の10の約束」「椿山課長の七日間」「阿修羅城の瞳」「風花」他

今井雅子

【略歴】大阪府出身。NHK札幌放送局公募入選作が放送文化基金賞ラジオ番組部門本賞を受賞しデビューのきっかけとなる。01年「彼女たちの獣医学入門」でTV脚本デビュー。函館港イルミナシオン映画祭で準グランプリを受賞した映画「パコダテ人」で02年に映画脚本デビュー。以降、映画、TV、ラジオ脚本をコンスタントに執筆。
●映画「ぼくとママの黄色い自転車」「天使の卵」「子ぎつねヘレン」「ジェニファ 涙石の恋」「風の絨毯」他
●TV「おじゃる丸」「武士の娘 鉞子とフローレンス」「昔話法廷」「想ひそめし」「そこをなんとか」「父の花、咲く春」「どこかではないここ」「ビターシュガー」「てっぱん」「快感職人」他

映画『嘘八百』(出演:中井貴一、佐々木蔵之介ほか、脚本:今井雅子、足立紳、企画監修:榎望)が1月5日全国劇場公開。



1月19日(金) 18:50〜20:50

あべ美佳 (シナリオ作家・小説家)

「シナリオコンクール虎の巻」
  
【略歴】山形県出身。文教大学卒業。会社務めの傍らシナリオの勉強を始め、02年、初めて書いた長編シナリオ「沈まない骨」が、日本テレビシナリオ登龍門で優秀賞を受賞し映像化される。04年、山形の外国人妻問題を題材にした作品で、NHK創作テレビドラマ脚本懸賞最優秀賞を受賞したのを機に執筆業に専念。ラジオドラマや小説も精力的に執筆するほか、シナリオコンクールの審査員も務める。

●TV
「沈まない骨」「優しさ便り『母さんの宝物』」「かあちゃんが来た」「陽炎の辻」「お米のなみだ」「青い文学シリーズ『こゝろ』」「団地ともお」「鬼平」他
●ラジオ
「父さんの花笠」「温もりの値段」「やけっぱちのマリア」「命のバトン」「きっと そらへ行く」「鬼平」他
●映画
「いしゃ先生」「キッチン」(兼監督)他



1月26日(金) 18:50〜20:50

冨樫 森 (映画監督)

「『浮雲』を読み解く」
 
【略歴】1960年山形県生まれ。立教大学文学部卒業後、フリーの助監督として、「台風クラブ」「光る女」などの相米慎二監督作品をはじめ、井筒和幸、中原俊、平山秀幸、金子修介といった監督の作品に参加。98年監督デビュー。01年、「非・バランス」でヨコハマ映画祭、日本プロフェッショナル映画大賞の新人監督賞を受賞。08年「あの空をおぼえてる」がフランスKINOTAYO映画祭グランプリ「金の太陽賞」を受賞。13年、「おしん」が中国・金鶏百花映画祭国際映画部門で日本映画初となる最優秀作品賞に輝いたほか、同作で山路ふみ子映画賞を受賞する。

●映画
「セブンティーン、北杜 夏」「おしん」「夏がはじまる」「傷跡」「今夜のメニュー」「あの空をおぼえてる」「天使の卵」「鉄人28号」「ごめん」「星に願いを。 Nights of the Shooting Star」「非・バランス」「ポッキー坂恋物語 かわいいひと」他




              2017年12月スケジュール 
        ※12/29は授業はありません。
   
 

12月1日(金) 18:50〜20:50

渡辺善則 (シナリオ作家)

「コスチュームプレイの書き方」
  
【略歴】北海道出身。80年法政大学社会学部卒。83年松竹シナリオ研究所修了。86年より2年間、松竹シナリオ新人会として劇場用映画の企画書・シナリオを執筆。88年テレビアニメ「ミスター味っ子」でデビュー。時代劇からサスペンスを中心に活躍。

●TV
 「救命救急センターシリーズ」「救急指定病院シリーズ」「警視正・日丸教授の事件ノート よそ者」「フリー女子アナの殺人リポート」「おもろい夫婦事件帖シリーズ」「太閤記 天下を獲った男・秀吉」「警視庁鑑識班2004」「銭形平次」「隠密奉行朝比奈」「京都迷宮案内」「暴れん坊将軍」「炎の奉行 大岡越前守」「将軍の隠密!影十八」「江戸の用心棒II」「喧嘩屋右近」「警察署長・たそがれ正治郎シリーズ」他
●映画
「手紙」「女ざかり」他

TV『池波正太郎時代劇 光と影』が12月12日・2月6日20時放送。
映画『ある町の高い煙突』(原作:新田次郎)が来年公開予定。


12月8日(金) 18:50〜20:50

大島里美 (シナリオ作家)

「葛藤を見つける」
  
【略歴】栃木県出身。早稲田大学第一文学部卒業。03年、フジテレビヤングシナリオ大賞佳作受賞。05年のドラマ「1リットルの涙」が感動作として話題に。12年、ドラマ「恋するハエ女」で第1回市川森一脚本賞を受賞。15年の大河ドラマ「花燃ゆ」を手掛けるなど、第一線で活躍中。

●TV
「音のない青空」「1リットルの涙」「働きマン」「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」「奇跡の動物園〜旭山動物園物語〜」「マイガール」「リアル・クローズ」「四十九日のレシピ」「グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜」「早海さんと呼ばれる日」「パパドル!」「恋するハエ女」「長谷川町子物語〜サザエさんが生まれた日〜」「太陽の罠」「花燃ゆ」「ヤッさん〜築地発!おいしい事件簿〜」「望郷 『海の星』」「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」他
●映画
「カフーを待ちわびて」「ダーリンは外国人」「潔く柔く」「君と100回目の恋」他

TV『マチ工場のオンナ』(出演:内山理名、永井大ほか)が11月24日(金)放送開始。



12月15日(金) 18:50〜20:50

丸山昇一 (シナリオ作家)

「脚本家の宿命〜人物描写と直しの美学〜」
 
【略歴】1948年宮崎県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。コピーライター等を経て、79年、ドラマ「探偵物語」第1話で脚本家デビュー。以来、故・松田優作氏との親交は深く、映画「処刑遊戯」「野獣死すべし」等の脚本を執筆。ハードボイルドからヒューマンドラマまで幅広い作品を手掛ける。

●映画
「処刑遊戯」「野獣死すべし」「翔んだカップル」「ヨコハマBJブルース」「汚れた英雄」「化石の荒野」「すかんぴんウォーク」「友よ、静かに瞑れ」「紳士同盟」「ア・ホーマンス」「ラブ・ストーリーを君に」「ウォータームーン」「いつかギラギラする日」「REX 恐竜物語」「マークスの山」「血の収穫」「犬、走る DOGRACE」「夜を賭けて」「凶気の桜」「クイール」「鳶がクルリと」「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」「蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜」「カメレオン」「行きずりの街」他
●TV
「探偵物語」「探偵同盟」「プロハンター」「瑠璃色ゼネレーション」「あぶない刑事」「勝手にしやがれヘイ!ブラザー」「俺たちルーキーコップ」「蘇える金狼」「らんぼう」他

 



12月22日(金) 18:50〜20:50

吉村元希 (シナリオ作家・映画監督)
いちシナリオライターの現場からの呟き」
 
【略歴】東京都生まれ。成城大学文芸学部芸術学科映画学専攻卒。高校時代より自主映画を監督。92年、映画「外科室」(監督:坂東玉三郎)で脚本家デビュー。以降、アニメ脚本を多数執筆。近年は自主映画監督・俳優としても精力的に活動。

●TV
「アザミ嬢のララバイ『死者は死んだ羊の夢を見るか?』」「ゲゲゲの鬼太郎」「獣拳戦隊ゲキレンジャー」「BLEACH」「マリア様がみてるシリーズ」「ボボボーボ・ボーボボ」「ブラック・ジャック」「あたしンち」「なるたる」「高橋留美子劇場」「マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ」「天使な小生意気」「満月をさがして」「テニスの王子様」「Dr.リンにきいてみて!」「おジャ魔女どれみ」「神風怪盗ジャンヌ」「デジモンアドベンチャーシリーズ」「ひみつのアッコちゃん」「夢のクレヨン王国」「美少女戦士セーラームーンシリーズ」「忍たま乱太郎」「花より男子」「ふしぎ遊戯」「ご近所物語」「ママレード・ボーイ」他
●映画(脚本)
「笑う大天使」「夢の女」「外科室」他
●映画(自主制作)
「狛犬」「お墓参り」「秋山愛子に関する考察」「意識のランナー」「娘たち」「ちいこの遠足」「凍りついた翼で」「放課後」他

 




       2017年11月スケジュール 
   
 

11月10日(金) 18:50〜20:50

小林弘利 (シナリオ作家・小説家)

「日本のドラマと欧米のドラマ」
  
【略歴】1960年生まれ、東京都出身。千代田工科芸術専門学校映画芸術科卒業。85年、集英社コバルト文庫で小説家デビュー。同年、「星空のむこうの国」で脚本家デビュー。映画「ブタがいた教室」が東京国際映画祭コンペティション部門にて観客賞、TOYOTA Earth Grand Prix 審査員賞を受賞。12年「その街の今は」が第7回日本放送文化大賞準グランプリを受賞。

●映画 
「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」「桜ノ雨」「先生と迷い猫」「少女は異世界で戦った」「江ノ島プリズム」「生贄のジレンマ」「監禁探偵」「わさお」「RAILWAYS49歳で電車の運転士になった男の物語」「L change the WorLd」「ブタがいた教室」「春琴抄」「花婿は18歳」「想い出の渚」「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」「赤んぼ少女」「公安警察捜査官」「Dr.ピノコの森の冒険」「死に花」「雨鱒の川」「エコエコアザラク」「二人が喋ってる。」他
●TV
「ウルトラマンシリーズ」「怪奇大作戦 ミステリー・ファイル」「ピロートーク〜ベッドの思惑〜」「アザミ嬢のララバイ」「その街の今は」「ブラックジャック シリーズ」「火の鳥」「ASTRO BOY 鉄腕アトム」他



11月17日(金) 18:50〜20:50

山田耕大 (シナリオ作家・プロデューサー)

「企画書の立案」
  
【略歴】1954年愛知県生まれ。東京大学卒業。にっかつ企画部にて多数のロマンポルノ作品のプロデュースを行い、後に独立して映画製作会社「メリエス」を設立。数多くの映画をヒットさせる。現在は脚本業に専念する傍ら、後進育成にも力をそそぐ。

●映画(脚本)
「おしん」「死にゆく妻との旅路」「アンダンテ 〜稲の旋律〜」「あの空をおぼえてる」「マリと子犬の物語」「ちゃんこ」「鉄人28号」「ZOO」「ごめん」「ピカレスク」「クロスファイア」「コキーユ〜貝殻」「良いおっぱい悪いおっぱい」「しあわせ家族計画」「さまよえる脳髄」「女飼い」「ろくでなしBLUES」他
●映画(プロデュース)
「家族ゲーム」「木村家の人々」「病院へ行こう」「リボルバー」「噛む女」「卒業旅行ニホンから来ました」「ザ・中学教師」 他
●映画(企画)
「ベッドタイムアイズ」「家族ゲーム」「ダブルベッド」「Mr.ジレンマン 色情狂い」「赫い髪の女」 他多数



11月24日(金) 18:50〜20:50

瀬々敬久 (映画監督・シナリオ作家)

「私の映画づくり」
 
【略歴】1960年大分県生まれ。高校生のころから8ミリで映画を作り始める。京都大学文学部哲学科在学中、映画「ギャングよ 向こうは晴れているか」を自主制作し注目を集める。ピンク映画の助監督を経て、89年「課外授業 暴行」で商業映画監督デビュー。映画「ヘヴンズストーリー」(10)はベルリン国際映画祭で批評家連盟賞と最優秀アジア映画賞を受賞。続く「アントキノイノチ」(11)でモントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門でイノベーションアワードを受賞。

●映画
「なりゆきな魂、」「64-ロクヨン- 前編/後編」「ストレイヤーズ・クロニクル」「マリアの乳房」「石巻市立湊小学校避難所」「アントキノイノチ」「愛するとき、愛されるとき」「ヘヴンズ ストーリー」「感染列島」「私は猫ストーカー」「フライング☆ラビッツ」「泪壺」「16」「刺青 堕ちた女郎蜘蛛」「幽閉者 テロリスト」「サンクチュアリ」「肌の隙間」「ユダ」「MOON CHILD」他
●TV
「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘『平凡』」「罪人の嘘」「大島渚の帰る家〜妻・小山明子との53年〜」「幻の特攻基地〜戦いはいまだ終わらず〜」「廃墟シネマ」他

映画『最低。』(共同脚本:小川智子、出演:森口彩乃他)が11月25日公開
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(脚本:岡田惠和、出演:佐藤健、土屋太鳳他)が12月16日公開
映画『菊とギロチン 女相撲とアナキスト』(出演:木竜麻生、東出昌大他)が本年公開
映画『友罪』(出演:生田斗真、瑛太他)が18年5月公開